ゆめごこち

オタクのひとりごと

7ORDER 武者修行TOUR 〜NICE "TWO" MEET YOU〜

f:id:lululunn:20210903013857j:image

7ORDER 武者修行TOUR 〜NICE "TWO" MEET YOU〜 zepp Fukuoka公演(9/2)に行ってきました。18:30〜からのオーラス!福岡は雨が降っててさすが雨男の安井くんだなあと思ったりしました。MC中に雨が降ってることを聞いた安井くんが嬉しそうにしてて面白かったです。もう半分ネタみたいなところある。さて2019年のHiHiJetsサマステ以来の約2年ぶりの現場ですがオタクの血湧き肉躍るステージがやってきましたね。死ぬほど楽しかったです。うちわもペンラもなくて声出しもできないしファンサもほぼないのに満足感がすごくて、ハア〜〜〜〜〜〜(クソデカ恍惚ため息)やっぱり現場いいなあ。たのしい。本当にたのしい。身体中のありとあらゆる水分が出て死にかけたけど本当に楽しかった。チケ運残念大臣の私が自チケで3列目以内を引けたのはマジで奇跡だなと思っています。しかも下手側。ありがとうございました。明日死んでも文句言いません。

以下時系列バラバラの感想です。

下手3列目だったのでさなぴ〜ほぼゼロズレ、その斜め奥がれおくんだったのですが下手側に移動してきたアヴェ・アランさんの骨格の美しさに開始2分で陥落しました。エッここはルーブル美術館!?私はいま世にも美しい彫刻を眺めているの!?みたいな気分になった。美の暴力すごい。あらんちゃんがいる現場に入る度に言ってる気がしますこれ。でもでもだって美しいんだもん!!!顔面力の素晴らしさ、顔の小ささ、美しい首のライン、細い腰、長い手足…エッすごい…国宝…?この辺りから完全に気が狂ってエンジンかかって血湧き肉躍るオタクのステージが始まります。現場た"の"し"い"!!ダンス曲のみゅうとくん視線泥棒過ぎてついついロックオンしてしまう。眼球が足りない。ライブ中は黒死牟になりたい。黒死牟さんは目が6個あるので…

森田美勇人さん魔性の男過ぎてやばいな?知ってたけどやばいな?みゅうとくんが中学生のときから知ってるし高校生のみゅうとくんはトンデモリア恋製造機だったけどアラサーみゅうとくんの色気すごいな?京本ラインとか謎選抜辺りのメンバーを見ると中学生だった私の淡い恋心が暴れ出すので勘弁してください。あの頃の恋心が大暴れして公演後からTwitterは森田美勇人一色です。ファンサないしな〜などとふんぞり返って余裕ぶっこいていた私を殴ってほしい。シャボフラガールラブシャワのメドレーでみゅうとくんによしよし(概念)されてから魂がどっかに旅行してます。みゅうとくんあなた…そんな優しい顔で笑って頷いてくれるんだ…みゅうとくん…恐ろしい子…ッ!このシャボフラガールラブシャワ森田美勇人事件は公開文章で残すのがちょっと怖いので鍵アカTwitterかキャスで大騒ぎします。完。

MCで変態仮面の話をする成人男性達is何…「みんな変態仮面って知ってる?そんな全然変な映画じゃないんだけど…ながつとサウナに行ったときながつが仁王立ちで"安井くん、変態仮面がさ〜"って、お前が変態だよ!!って」爆笑してる安井くん可愛いけどなにそのエピソード…れおくんも「あれみんな見た方がいいよ!アマプラにあるよ!」ってすごい笑顔で…ステージ上でパンティー連呼する7order意味分かんなくて可愛いね…。男子校ノリ大好きなのでもっとやっていいよ!!と思ってたらこれが最後の生声おっぱいに繋がるんですよね。期待を裏切らない男達。「せーの!」「\おっぱい!/」。

「雨だと色々跳ねちゃうからロングスカート大変じゃない?」と女子目線で話しだす安井くん何!?あなた成人男性だよね!?「だったら雨の日はミニスカート履けばいいよね」って言う安井くんに「みんなミニスカ履いたことある?」と質問するれおくんも何!?男性グループですよね!?ミニキュロット履いてるしょうきくんが「俺を見ながら言うなよww」と笑って参戦してくるところまでの流れが天才的でした。そうか、しょうきくんミニスカ(物理)なのか。

福岡のむっちゃん万十を食べたという話であらんちゃんが「むっちゃんってムツゴロウのむっちゃんなんだね!初めて知った!」みたいなことを言ったら「ムツゴロウっておじさんだよね?あの動物の…」「え?ムツゴロウって魚じゃないの?」「よ〜しよしよし!ってやるおじさんでしょ?え?」ってなるやすらんれお可愛過ぎて爆発しちまった。あらんちゃんが正解です。そしてそれまで黙ってたみゅうとくんが一言「…ムツゴロウって虫だと思ってた」。一同爆笑しながら「いやそれはゲンゴロウ!ww」の流れ天才か?笑い死ぬかと思いました。バカ一号れおくん、バカ二号安井くん、バカ三号みゅうとくんの三馬鹿愛しい〜〜〜〜ッ!そのあとの「森田美勇人、バカです」の自己紹介も可愛くて良かったです。愛しい。

冬のツアーでまた福岡に来るという話で「えってか今年?年内?マブダチじゃん」のみゅうとくんと「もう実家帰るぐらいの感じ」「なんなら実家より帰ってる」っていうやすれお…私も今年に入ってから行動範囲が地元よりも博多近辺なのでそろそろ福岡に引っ越した方がいいかなと思っています。便利だよね福岡。ご飯おいしいし交通の便いいし。ライブMCで出る話題で引っ越したい土地ナンバーワンって福岡じゃないですか?神宮寺くんも言ってた気がする。新幹線でビュン!できる距離だけど現場のアクセスの良さとか考えると本当に引っ越してもいいな〜と思ってます。福岡に住むとみゅうとくんのマブにもなれるので(?)。

アンコ後のミニMC(?)で手拍子が揃ってたことに驚いたみゅうとくんが「手拍子すごい揃ってた!えっここ(客席)で喧嘩一番強い奴決めたの!?一番強いボス猿的なのがいるの!?」と言っていてまた笑い死ぬかと思いました。メンバーに即突っ込まれて「猿とか言うのやめなさい!」って怒られてたけど私はみゅうとくんのこういうおもしろワードセンスが大好きなので生で聞けて嬉しかったです。ちなみに会場で抗争は起こっていません。多分。

アンコールSUMMER様様、ダブルアンコ27。こういうのよくないですよ(れおくんの真似)(泣きそう)。27めちゃくちゃ思い入れのある曲なので…ダメです…おやめください…本当に私ここで号泣してて隣のお姉さんも号泣しててクラップも何も出来なかったんですけど最後の「愛が鳴る方へ」で安井くんとさなぴ〜がハモるところの安井くんの声が幼女か?ってぐらい可愛くて冷静になりました。7orderの未来には常に愛が鳴っていてほしいなと思います。オタクは愛を鳴らし続けるのでそのまま突き進んでください。大好きです。2回もさまさま踊れたので私の夏は無事終了!!今年の夏も色々ありましたがもう思い残すことはないです。さまさま楽し過ぎて毎年夏のライブで踊りたい。恒例行事にしてください。ふくおかおか〜!!!

泣きながらステージに視線釘付けだったので全然気づかなかったのですがダブルアンコ27のラスサビで2階席のところに横断幕(?)が下がるサプライズがあってました。「ツアー完走!!!!!!!お疲れ様でした!!!!!!!7ORDER武者修行TOUR〜NICE"TWO"MEETYOU〜ファン・スタッフ一同」ビックリマークが7個になってるのスタッフさんの愛〜〜〜(泣)上手側(多分下手側も)のステージ袖からガッツポーズしてニコニコ笑ってるスタッフさんたち〜〜〜〜(泣)いい大人に恵まれるのって本当に本当に難しいけど大切なことだと思うので7orderのみんなが素敵な大人に恵まれてて嬉しい(号泣)。最後の挨拶でしょうきくんが「僕達のことを大切にしてくれるスタッフさんがいて…」って言ってるのを聞いてよかったねええ(猛烈涙)となりました。サプライズで泣きそうになってふざけたハートのサングラスをかけたれおくんが「こんなバカみたいなサングラスかけてバカみたいにみんなで楽しんで本当にありがとうございます!皆さんがいるからこんなバカみたいなことがちゃんと成立してるんだなってめちゃくちゃ感じます、一生遊んで一生楽しく暮らして行きましょう!ありがとうございました!」と言ってて、こんなに感動するバカの伏線回収(ムツゴロウのくだり)ある…?と思いながらボロボロ泣きました。こういうご時世に生きていると忘れがちだけど"遊んで楽しく暮らしましょう"ってすごく大事なマインドだと思うんですよね。飾らない素直な言葉でそれを言える無邪気なれおくんが大好きです。泣きそうにはなってたものの今回ステージ上で泣かなかったことに成長を感じて!!私は!!少し寂しい!!いつまでも可愛い泣き虫最年少でいていいんだよ〜!!みんながデッカい愛で受け止めるからな〜!!聞いてるかれおくん〜!!

ひとりひとり挨拶してるときに一番端にいた安井くんが数歩下がってみんなのことを後ろから見ていたのも印象的でした。ああやっぱり7orderとは安井謙太郎なんだなって。「30歳だけど青春だなって思った」という安井くんの言葉選びも好きです。今回のライブは初のライブハウスツアーで本人達も色々模索しながらやってきたんだろうなと思っていて、ペンライトのことで賛否両論があったのもきっと安井くんも知っていてだからこそすごく丁寧に言葉を選んでる印象を受けました。「何が嫌いとかじゃなくて」と何度も伝えてくれる安井くんの優しさをオタクは分かってるから大丈夫だよ〜!と言いたい。ステージに立ってくれればそれだけでオタクは嬉しいのでこれからもやりたいことをやりたいようにやってほしいなと思います。前述の通り"7orderとは安井謙太郎"だと思っているんですけど萩ちゃんが「このツアー中辛いこともあったし色々思うこともあった、でも、ああ7orderって人生だなって思った」と言っていて何だかすごく胸にクるものがありました。自分が好きなグループのことを好きなメンバー本人が"人生"って言ってくれるの、オタクはとても幸せだなあと。人生山あり谷あり、嫌なことも辛いことも悲しいことも上手くいかないこともたくさんあるけどそれでも大切でどうしようもなく愛おしいもの。萩ちゃんと7orderみんなの人生をこれからも末永く見て行きたいです。安井くんの前に話していたさなぴ〜の言葉もすごく優しくてあたたかくて真っ直ぐで、この人の書く詩が大好きだなあと改めて思いました。あとあらんちゃんが「今まで夏の思い出って全部仕事だったんです、だから今年もこうやって仕事しながら過ごせて嬉しい」みたいなことを言っていて今までの色んな"夏"がブワーッと頭に浮かんできてまた泣きました。来年からもまた夏の楽しい思い出増やして行こうね(号泣)。


ハア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(クソデカ恍惚ため息)(2回目)現場後の幸せな満足感とぽっかり穴が空いたような虚しさ。今日一日の行動でできた靴擦れすらも愛おしい。当日中止になったらと思うと怖くてなかなか思うように遠征して現場に行けませんが冬のツアーも楽しみです。詳細早く来ないかなあ。熊本もあるのが嬉しい。地元で開催される公演は当日中止でもあんまり関係ないので。クソデカ感情がとまらないのでこの後バカ騒ぎキャスするかもしれないです。久しぶりの現場はオタクを狂わせる!楽しかったな〜!


2021.9.3

World Heroes' Mission

f:id:lululunn:20210807001529j:image

8/6公開の僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールドヒーローズミッションを見てきました。公開初日の朝一番の上映の回に行ったのですがめちゃくちゃ人が多くてびっくりした。学生ぐらいの年齢の若い女の子や男の子ばっかりの中に突撃する目が血走った汗だくオタクおばさんやべ〜!と思ったけど若い子が多いせいか映画館近くの喫煙所に誰もいなくてラッキーでした。始まる前から、というか家を出る前から、というか昨日の夜中帰宅してからずっと遠足前夜の幼稚園児レベルにソワソワしていたので早速見れて良かったです。あのままソワソワしてたら多分多動で死んでしまうので…見終わった今は違う意味でソワソワしておりますが…8:50〜の回だけ見て帰るつもりが気付けば13:30〜の回のチケットも購入してしまい二回鑑賞してました。オタクあるある!供給過多で死ぬぞ!


それでは以下ネタバレありの感想です。

(劇中の台詞は曖昧だし時系列もバラバラ)

 

予告でも流れていたヒューマライズのシーンが終わり、登場初手からステルススーツでとんでもなく気持ち悪い特大笑顔になったし多分ちょっとヤバい声が出たと思います。勝手にステルススーツは後半のメイン戦闘で着てるものだと思い込んでたからまさか初手から来ると思わないじゃん…映画館が暗くてよかったしマスクをつけてるご時世でよかった。誰かに見られたら社会的に死んでしまうぐらいのヤバい顔してたはず。始まって10分も経たないこの瞬間に私は応援上映させてくれ…と死にかけます。この後も暴れるのを我慢しながら映画を見ることになるオタクの運命や如何に…

買い出しオリジンのシーン、出久の紙袋にブロッコリー入ってるの可愛過ぎて泣いちゃった。共食いじゃん(?)。カツキと出久の紙袋は野菜やパン等比較的軽くて持ちやすい食材が入ってるのに焦凍くんの紙袋にはバカ重そうな缶詰がギッチギチに詰め込まれてて「さすがパワーSの男…」と思いました。

買い出し途中に事件が発生したときの連携、プロヒでたまたま同じ管轄にいたらあんな風に行動するんだろうなと思って胸がアツい。まずカツキが指示を伝えて飛び出して、出久は人命救助に行き、「轟くんは犯人を!」と言われた焦凍くんは「任せろ!」と間髪入れずに答えて動き出す、息ぴったりじゃん。その後もお互い事後現場を一瞥して「あっちは俺に任せろ!」「お願い!」で即行動に移れるの、マジでかっこいいし信頼関係ヤバ…

トランクを取り違えたロディくんを追って出久は指名手配されることになるのですが、まずロディくん役の吉沢亮の声がめちゃくちゃ良い〜〜〜〜!!!ロディくんが話してるときに一切顔がチラつかないし事前情報がなければ声優さん誰だろうとエンドロールで必死に探していたと思う。これから詳しく感想も書くけどロディくん見れば見るほど愛おしくなっていくキャラだ〜可愛いよ〜!

帰って来ない出久を心配してめちゃくちゃ電話をかける焦凍くん、この子普段炎司くんの電話無視したりLINE既読スルーしたりしまくってるんだよな…と思ったら向かいにいる炎司くん可哀想過ぎて笑いました。対応の差。

出久から暗号のメールが届いたとき、あの場にクレアさんがいなかったら焦凍くんは普通に冷蔵庫開けて苺探してたのかな。「意味なくそういうことする奴じゃねえからなお前は」の通り出久がそう言うなら自分が苺を食べることに意味があると思ったのかな。面白過ぎて死ぬ。「鈍そうだからな…」とホークスに心配されながらも難しい暗号を自力で解いた炎司くんと「轟くんなら分かってくれる」と思われてるのに暗号に気付かず苺を探しに行こうとした焦凍くん…何だこの親子…

焦凍くんの天然が炸裂してたけどその後の「俺行ってきます」からの行動の速さ、出久とロディくんが絶対絶命のピンチになったときに伸びてくる氷の安心感でかっこいいポイント+100000000点ですね。

特別冊子の梶くんのインタビューのところに「緑谷への信頼度が伝わってくる台詞の数々にもグッときました(過保護は遺伝?)」とあるけど今回のストーリーは焦凍くんが出久を信頼してるのと同じくらい出久も焦凍くんを信頼してるのが垣間見えて嬉しかったです。劇中でも言及されてたけどこの二人の信頼関係を築くにあたって保須市の事件は大きかったし、あのとき駆け付けてくれたのが焦凍くんで良かったなと思いました。

出久とロディくんが車に乗って二人旅してるときの景色が!!めちゃくちゃ綺麗で!!!!朝から夜への移り変わり、晴れの日と雨の日、夜空、夜明け、全部が綺麗で美しかったのでみんな注目してください…マジであのシーンめちゃくちゃ良いです。

ロディくんと洞窟で話してるときに「それで怪我したら割に合わないだろ」と言われた出久が「助けられればそれで充分だよ」って笑ってるの、あ〜もう緑谷出久!!!!!!(怒泣)この先も自分を勘定に入れないままだと出久にとっての"大怪我"が他人にとっては"瀕死"である、みたいなことになりそうで怖い。"ヒーローデク"は間違いなく最高のヒーローだけど"緑谷出久"を大切に思っている人間からするとお願いだから飛び出す前にこちらを振り返って自分の命を大事にしてくれと思ってしまうよね。"緑谷出久"がいなくなっちゃったら同時に"ヒーローデク"もいなくなっちゃうことになるので出久が大事にしてるヒーローとしての信念と同じくらい自分のことも大事にしてほしいなと思いました。

またロディくんにとってヒーローは空想上の人物と同じような類でありよく分からないもので、自分には関係がなくて、どちらかと言えば失望じみた感情があるけど初めて出会ったヒーローである出久は強くてかっこよくて優しくて、ロディくんの前に現れた最初のヒーローが出久で良かったなと思います。ロディくんの夢はヒーローではないけど弟と妹のことは自分が守りたい。出久のようにみんなを守って助けることはできないけどきっと弟と妹から見たロディくんは立派なヒーローだし、ロディくんにとってのヒーローがデクだったように、ロロくんとララちゃんにとってのヒーローはロディくんで、みんな誰かのヒーローなんですよ。最高。

すごい個性を持っているヒーローを目の前にして自分の個性を恥ずかしがってるロディくんに「嘘がつけないなんて素敵な個性じゃないか!」って言う緑谷出久がマジ緑谷出久緑谷出久に魅了される人間がまたこの世に増えちまったな…

そしてロディくんの個性はだいぶ後になってから相棒の鳥である"ピノ"だと判明したけどピノの行動=ロディくんの本心なら寝てる間にトランク持ち出そうとしたときピノが一生懸命出久を起こしてたのはロディくん自身が本当は止めてほしいと思ってたからなんだな〜と考えたら愛おしくて爆発しました。私が。それでもってロディくんの個性はピノであって能力増強ではないので序盤のパルクール世界選手権みたいな動きは素の身体能力でやってたということが分かりひっくり返りました。フルカウルで追いつけないあれが素の身体能力…?ロディくん何者…?自称しがないチンピラだけどあの動きが出来る人間は一般人ではないですよ…

ロディくんの個性を知ってからピノの表情や行動に注目して見る二回目はまた違う見方ができて楽しかったです。早く円盤がほしい(気が早い)。

終盤のメイン三人の戦闘シーン血流れ過ぎてて笑いました。なぜ今作こんなにも三人を虐待する? 蜂の巣にされる出久、水責めされる焦凍くん、鎖で緊縛されるカツキ、何………?インターン開始時よりも個性の練度や使い方が全然違っていて三人の成長に泣きそうになっちゃった。しかしこの三人が揃って戦うとその場が更地になってしまうね…全員威力がえげつない…赫灼熱拳とハウザーインパクト良かったなあ。あれは是非映画館で見てほしい。迫力がすごい。出久とフレクトの戦闘シーンはほぼドラゴンボールドッカンバトルでしたね。サイヤ人化した出久の分裂高速パンチ、多分…というか絶対笑うところじゃないのにフフっとなってしまいました。あとフレクトが捕まって連行されてるところで普通の人間の肌色になっててお前青色がデフォじゃないんかい!と思ったり…

爆破解除して泣きながら笑い合う出久とロディくん、空港での別れのシーン。涙を隠せないピノ。抱きしめあってまた会う約束をするふたり。あれこそ"人類の救済"なのでフレクトもワールドヒーローズミッション見た方がいいですよ。おすすめです。

出久たちが日本に戻って来た最後のシーン、映画の時間軸がインターン中ということを踏まえて今の本誌の展開を思うと更にA組のデッカい愛を感じます。出久が指名手配されてもA組のみんなは疑いもせず「緑谷(くん)がそんなことするわけない!誤解だ!」って言うし、日本から見守るしかなかった天哉くんが泣きながらいずくに突撃してるときの気持ちを考えたら私も泣いちゃう。いつも後ろを振り返らず飛び出して行く出久を心配しているみんなにとって無事に帰ってきたときの安堵感ってすごいと思う。A組一生仲良しでいてくれ…

焦凍くんと出久の腰抱き氷のヴァージンロード爆走シーンに関してはTwitterで死ぬほど盛り上がったのでこちらでは割愛しています。いやでも本当にあれ何?我々の幻覚?

 

現在8/7の0時過ぎ、先程ゲロゲロに泣きながら金ロー見ました。やっぱり私はオールマイトと出久の共闘が大好き。師弟最高。この勢いのままワールドヒーローズミッション見たいのでどっかの映画館で今から特別上映してくれないかな。とりあえず中継のチケットを取ってあるので今日も映画館に行く予定です。そろそろ鑑賞中に暴れそうだから私の座席に拘束器具つけてほしい。映画館各位お願いします。

 

2021.8.7

轟家についてかんがえる

f:id:lululunn:20210804014610j:image

作者直々に地獄判定される轟家ヤバオモロ…と思って地獄の轟くん家を読んでからちまちまとメモに書き溜めていた轟家についてを自分なりにまとめてみたので31巻が出たこの機会に公開します。悪いところは悪いと判断しているつもりですが基本的に轟家の人間が好きなオタクが書いている文章なので若干甘々判定なところもあるかと思います。全てオタクの戯言です。原作の描写にない部分のことも捏造で話しているので「オタクが何か言ってんな〜」ぐらいの気持ちで読んでください。そしてこの先の文章は全人類との解釈違いが起こると思いますがあくまでも自分用のまとめなので許してほしいです。これを書いている女は焦凍くんに幸せになってほしいとはあんまり思っていません(最悪)。顔が良くてかわいそうな男が性癖です。

 

まずはこのブログを読むに当たって必要となる地獄の轟家のイカれたメンバーを紹介します。

轟炎司(エンデヴァー):轟家が地獄と化した元凶。オールマイトという壁を越えられずにイカれた男。個性重視で結婚相手を選びその後自分の上位互換である半冷半燃の個性を持つ子供を作る為に個性ガチャを開始。45年も生きて来たのに意思の疎通が下手過ぎてびっくりする。今までどうやって生きて来たの?最近やっと自分の子供を道具としてではなく子供であると認識出来るようになってきた模様。有り得ないぐらいの不器用さを発揮しているしメンタルもそんなに強くない。多分冷さんのことが大好き。

轟冷:轟家が地獄と化した元凶その2。幼い焦凍くんの顔に煮え湯を浴びせた本人。炎司くんからのDVやストレスで精神を病んでしまったことに関しては被害者だけど個性ガチャを止めなかった時点でこの人も立派な加害者。さすが炎司くんの妻というべきか割と気が強い。言葉も結構強い。まあ多分そこそこ炎司くんのことが好き。

轟焦凍:地獄家庭の被害者。聖人。良い子。全てを持って生まれた可哀想な男の子。地獄のような轟家のヒーローになろうとしているがそれはそれで危ういのでやめてほしい。この家庭内での一番の被害者なのに自分も悪かったと思ってしまっている。マジでかわいそう。かわいい。そして面が良い。

轟燈矢(荼毘):地獄家庭の被害者。現在は敵となり荼毘としてなんとかエンデヴァーを精神的に虐待しようとしている。被害者だったのに今や完全に加害者ポジに回ってしまったヤバい男。いや元々かなりヤバい男。エンデヴァーが世界の中心。最高傑作の焦凍ムカつく殺したい死ね死ね親父のバーカ!アーホ!と駄々をこね続ける成人した子供。メンヘラ。かわいそう。おもろい。

轟冬美:地獄家庭の被害者。聖人。良い子。冷さんが入院してから轟家の母親代わりとして頑張ってきた長女。イネイブラータイプで正直一番病んでると思う。過度な"普通の家族"への憧れは身を滅ぼしますよ冬美ちゃん。そんな冬美ちゃんが小学校教諭なのも性格や気質的に少し危ういと思うんだけど大丈夫かな。かわいそう。かわいい。

轟夏雄:地獄家庭の被害者。良い子。父親である炎司くんを憎んでいるが本人は何もされていないというのが高ポイント。燈矢くんから愚痴という名の呪詛を聞かされていた為父親に関する認知がかなり歪んでいる。母親の個性を引き継いだものの、うっかり父親譲りの容姿になってしまって毎日鏡を見る度に溜息ついてそう。かわいそう。かわいい。


こんな感じです。全員ヤバくてウケる。現在は燈矢(荼毘)を止める為に協定を結んで家族問題は一時休戦しています。一時休戦というか燈矢くんを止めることが家庭の問題の解決にも繋がるというか…轟家の着地点がどうなるのかはまだ分かりませんがあんまり幸せにはならないのかなと思います。不幸大好きな私の希望的観測。イカれたメンバー紹介が終わったのでこの後は地獄を覗いて行きましょう。レッツゴートゥーヘルホームツアー!

 

(以下時系列バラバラの殴り書き)

 

しかし「地獄の轟くん家」と「火の不始末」ってものすごいサブタイだなと思います…酷い…

夏くん自身は何もされてないのがポイント高いですね。元々自分は興味を向けられない子、期待されていない子という負い目と炎司くんが何のために子供を作っていたかの理由が判明してからは「自分はいらない子」だったと気付くこの凄惨なグロさ。女の子の冬美ちゃんにはない負い目までもを感じてしまう夏くんがあんな意固地に父親嫌いを露呈させているのはなんというかリアル…燈矢くんから聞かされ続けていた愚痴も相まってもうどうしたらいいか分からないのが今の夏くんなんだろうな。夏くんは燈矢くんを含めた家族全員のことが大事だからこそ"精神的にも肉体的にも燈矢を殺したのは親父"という気持ちが消えないし振り上げた拳を下ろせないでいるんですよね…全ての元凶が炎司くんなのは間違いないけど長い期間炎司くんを憎む余りみんな自分が何に怒ってるのか分からなくなってその全てを炎司くんに向けているのが今の轟家の男の子たちなのかなと思います。

まあそれにしてもあの家の長男→次男→三男へのクソ親父伝言ゲームは悪意の改竄が酷いな…

焦凍くんの火傷に関して悪いのは完全に冷さんなのに子供たちはそこから目を逸らしてるんですよね。冷さんが壊れたきっかけは炎司くんだとしても煮え湯を浴びせて実際に一生消えない傷を負わせたのは冷さん自身です。

もう成人して大人になった燈矢くん(荼毘)を除いて悪いのは炎司くんと冷さんの二人だけで子供は絶対に悪くないです。だってみんな子供であの家にいた血の繋がった大人は炎司くんと冷さんだけだったから。

燈矢くんを殺したのは親父だと思ってる夏くんからしたら家族で仲良くしたいと言って炎司くんと飯を食わせようとする冬美ちゃんは割とサイコに映ってるかもしれないなと思ったり…何も悪くない焦凍くんのためにっていう夏くんの優しさだとしたらその優しさは余り正しくはないんじゃないかなと思います。あの家の子供たち全員が冷さんの罪を認めない限りは歪な関係が修復されることもないのかなと…男の子あるあるで父親を敵視して母親を守ろうとするアレですかね。

サイコに映るであろう冬美ちゃんの「普通の家族に対する強い憧れ」みたいなものは夏くんの中にもあるんじゃないかなあ。普通の家族愛に飢えているというか。期待されなかった者同士輪の外から家族を傍観し続けてきた冬美ちゃんと夏くんの間には両親や他の家族には分からない絆や関係性があってちょっとおかしいと思えてしまう冬美ちゃんの望みを叶えてあげているのかなと思います夏くん、そしてやっぱり一番病んでるのは冬美ちゃんかな。

でもそうやって輪の外にいたからこそフラット(?)な目線で冷さんの罪を認めて焦凍くんに伝えてあげられるというか伝えてあげなきゃいけないのは冬美ちゃんと夏くんですよ。

"赦してくれた"っていう焦凍くんのおかしな認識を正してあげられるのはあなたたち二人だけなんだよ、初めて冷さんの病室に行ったときに冷さんがどんな言葉でどんな風に焦凍くんと話したのかは分からないけどそれでもそこで何も悪くない焦凍くんが"赦された"って思ってしまうことはかなり危ういと思います。大人(両親)の罪まで自分が背負おうとする焦凍くんはどこまでもヒーローの心を持った素敵な子だけどこの家族だけはそれを認めてはいけないと思う。炎司くんの言葉は聞き入れない(許せない)焦凍くんだからこそ怜さんが訂正しないといけないけど病んでしまった冷さんにそれを言わせるのは難しいと思うので夏くん頑張ってほしい…夏くんに言わせるのも酷だけどね…これは子供たち自身が認めて理解して超えなければいけない壁だと思うので…

あの家に関して悪いのは炎司くんと冷さんで、子供たちが悪くないというのは私の中で一貫しています。

大人になってからの燈矢くんの行動は褒められたものではないけど(完全に悪)それでもまだ子供だった燈矢くんを捨てたのは炎司くんで捨てられたと認識してしまった燈矢くんも間違ってはないと思います。なぜなら子供だから。

私もあの家に生まれてたら燈矢くんみたいになってただろうし父親の稼いだ金を使って働かない生活をしながら飽きもせず一日中エンデヴァーの個スレに張り付いてアンチ活動すると思う…他の三人が良い子過ぎるんですよね。

燈矢くんの仏壇に手を合わせてる炎司くんはいい父親なんかじゃないしあのシーンってかなりグロテスク。自分の子供がひとり亡くなっても改心せずに焦凍くんに手を上げ続けたりしてたのかなりヤバいです。冷さんだけじゃなくて炎司くんも病院にかかるべきだったと思う冗談抜きで。

体育祭で炎も自分自身の力なんだと気付き考えを変えてからの焦凍くんに対しても「おっ、反抗期終わったか」ぐらいのノリで関わろうとしてるのもマジで怖いです。どこまでも毒親ムーブが止まらない炎司くんやべえよ!

個性婚で自分を超える傑作を作りたい炎司くんとどんな理由があったとしてもそれに同調して子供を作ってしまった冷さんは二人とも激病みしてますよ、ドクター今すぐ二人を病棟に閉じ込めろ!

かつて炎司くんという軸を中心にぶっ壊れた家庭を今度は焦凍くんを軸にして立て直そうとしてる轟家の皆さんとんでもなくヤバい。失敗を全く学んでないしそれどころか軸を変えただけで同じ道を辿ろうとしてますよね。家族総出で焦凍くんのことを"うちのヒーロー"と呼んで神格化してるのは怖いしもう宗教に近いと思う。家族再生のきっかけは焦凍くんだとしてももうこれからは各々が自分の力で家族と向き合って行かなきゃどうにもならないのに焦凍くんを軸にして立て直そうとするのはヤバいです。

軸の焦凍くんの心が壊れてしまったら?焦凍くんの考えが変わってしまったら?そのときにまた家族が壊れるなんて目に見えてますよね。家庭内の誰か一人に縋ったり頼ったりするのをやめないと轟家はどうにもならないと思います。家庭内に焦凍完全肯定botしか存在しないのは不健全。

炎司くんの過去回想が出るまで冷さんって気が弱くて大人しい女性なのかなと思ってたから結構はっきり炎司くんに物申しててびっくりした、逆らえない・流されやすいところもあるんだろうけどドスンと相手の心にぶっ刺さることを言うのが冷さんと焦凍くん似てるなって…親子だね…

冷さんの実家もなかなかヤバいと思うんですけどこれ皆さんどうお考えですか?私は冷さんが病んだ原因は実家にもあると思ってます。炎司くんによって良い生活をさせてもらってる実家は冷さんに離婚されたら困るだろうし帰って来させてくれなかったんじゃないかな…と。酷いけどこれって現実でも存在する話ですよね。名家の箱入り娘の冷さんは実家以外に逃げるところがなかったのにその実家からも帰って来ないでと言われたらもうどうしようとなくなってしまうと思います。助けてくれない両親、子供を虐待する旦那、そんな旦那に似てきた子供、逃げ場がどこにもなかったんじゃないですか。それはそれとしても罪は罪ですが。

描写がないから何とも言えないけど炎の個性の家系に生まれた炎司くんも子供時代にあまりいい思い出がないのかなと…自分もお父さんにあんな風に扱われてたんじゃないかな、じゃないとあそこまで焦凍くんに酷いことできるとは思わないです。この親にしてこの子ありみたいに自分がされてきたことをそのまま焦凍くんにもしてたのかなって。炎司くんも元は理想を押し付けられた側の子供なんじゃないかなと思ったりします。エリート校の雄英に通って卒業後すぐに自分の事務所を立ち上げて"ヒーローの道"を真っ直ぐ歩んできた炎司くんは子供の頃どういう思いでヒーローになりたいと思ったんだろう。なるべきものとして教育され鍛えられてきたなら歪むのもまあなんとなく理解できるかな…炎司くんの子供時代については全部私の妄想だから正解は分からないけどあんまり幸せじゃなかっただろうなとは思います。だからと言って自分の子供を虐待していいことにはなりませんが。

全てを持って生まれた男の子である焦凍くんの誕生を喜んだ人間がこの世に一人も存在しないというのが酷い。炎司くんが狂喜したのは半冷半燃という個性だし冷さんが感じたのはこれで終わるという安堵でしかなくて誰も"轟焦凍"本人を見ていないんですよね。マジで酷い。燈矢くんも完璧が生まれて来てしまった絶望を感じてるしあの家やっぱダメですよ…

全てを持って生まれた男の子の"全て"って"燈矢くんが欲しかったもの全て"ってことじゃないですか?お母さんと幸せに暮らせるなら焦凍くん持ってるもの全部捨てそうですけど…

爆破の個性を持ったカツキの性格が怒りっぽいとか硬化の個性の鋭児郎くんが硬派な性格とかエンジンの個性で足が早い天哉くんがせっかちな性格だったりとかこの世界って個性と性格がかなり強く結びついてる気がするので炎司くんの個性だけを受け継いだ燈矢くんが炎司くんみたいに人一倍執着心・嫉妬心が強いのも納得出来るんですよね。燈矢くんは根っからのヤベエ奴だけど個性ガチャしてる炎司くんから「ヒーロー以外にも道はあるぞ」って言われても何の説得力もないというか…まあここで高校生焦凍くんの「言葉単体だけで動くようならそれだけの重さだったってだけで…大事なのは"何をした・何をしている人間"に言われるか…だ。言葉には常に行動が伴う…と思う」が効いてくるんですけど…

自分が何のために生まれてきたのかあの時点で気付いてしまった燈矢くんからしてみればヒーローになる以外の道はないわけでそこの進路が絶たれてしまったらもうどうしようもないんですよね。自分がエンデヴァーを超えるヒーローになれなければ個性ガチャは続くし自分は用無しになるってもう分かってしまっているから、焦凍くん(半冷半燃)の誕生だけでも絶望なのにどれだけ訓練しても炎に耐性がないし自分はもう炎司くんを超えるヒーローにはなれないのにこれまで一緒に訓練してきた情みたいなもので可愛がってる雰囲気出された上で焦凍くんを優先しようとする炎司くんの態度があまりにもグロくて無理になったんだろうな。炎司くんと燈矢くん似たもの同士で関係が歪過ぎる…半冷半燃の子供を作り出すことが燈矢くんの為にもなると思った炎司くんの気持ちに優しさが入っていたとしても燈矢くんからしたらそれはただの絶望でしかなくて本当どこまでも噛み合わないこの親子…炎司くんの炎を受け継いだ燈矢くんも焦凍くんもどちらも冷さんの個性も遺伝してるのに出方が最高と最悪の二極なのが…まあ最悪の方は歪むよねっていう…

「なりたいヒーローになっていいのよ」と冷さんに言われた焦凍くんとなりたいヒーローである炎司くんに「夢を諦めろ」と言われた燈矢くんの対比も酷いですね。幼い燈矢くんの世界の全てである炎司くんに否定されてしまったらもう何も残らないんですよ…

炎司くんと冷さんの会話がある過去回想を見るまでは"夫からのDVやストレスによって病んでしまい追い詰められて息子に手を上げてしまった悲劇の母親"みたいな印象が強かったんですけど回想見てからちょっとイメージが変わったというか…ヒーローへの道を一直線だった堅物と名家の箱入り娘が外の世界をろくに知らずに急にくっついたせいで「自分にはこの人しかいない」っていう思い込みが両者にあるような気がします、共依存関係のような。病室に炎司くんから貰った自分の好きな花を飾ってる冷さんに子供たちが「は?」ってなるのもなんか分かる気がします。家族関係もだけどそれ以前に夫婦関係もかなり歪だと思う。

子供たち的には父親が圧倒的な加害者で母親もその被害者だと思ってるのにそんな父親に寄り添おうとしてる母親が奇妙に見えてしまうんじゃないかな。炎司くんと冷さんの関係性って子供から見たら全然理解出来ない類で、母親の中には父親に対して憎悪や恐怖しかないと思ってたのに急に愛情めいたものを見せられると不気味に映りますよね。

ちなみに冷さんの病室にあった炎司くんが贈った花と炎司くんの病室に冷さんが持ってきた花、青いリンドウの花言葉は「あなたの悲しみに寄り添う」「正義」「淋しい愛情」「悲しんでるあなたを愛する」です。ワァ………

「自分が家の為に今更何ができるのか毎晩考え眠りにつく」「最近同じ夢を見る」「妻と子らが幸せそうに食卓を囲んでいる」「そこに俺はいつもいない」全部自業自得だけど本当に自業自得だけどこのモノローグバカ切なくて大好きです。過去を変えることはできないけど炎司くんなりに家族に向き合おうとして色々考えてるのは45歳にしてすごい成長ですよ(子供か?)。まあでもこの回最後の「自分が家の為に今更何ができるのか」「最近同じ夢を見る」「お前もそこにいてほしかった燈矢」は最悪過ぎて笑ってしまう、燈矢くんを殺したのは炎司くんだと思ってる夏くんがこのモノローグを聞いたらブチギレて大惨事になるよ…

でも相談もせずに自分だけが別居する考えを一方的に子供たちに伝えた炎司くんは相変わらず言葉が足りなさ過ぎて笑っちゃうね、そういうところだぞ!

攫われる夏くんを目の前に動けなくなってしまった炎司くんが「俺が助けたらこの先お前は俺に言えなくなってしまうのではないかと…」と言ったの、これマジでものすごい成長ですよ。半年前の炎司くんだったらこんなこと言わないどころか夏くんの気持ちなんて一ミリも考えず当たり前に助けて「フン」とか言ってそうじゃないですか。荼毘と対峙したときに戦えなかった(現場でヒーローではなく父親になってしまった)ことを悔やんでそうな炎司くんにいつか夏くんが「あのとき親父が助けなかったから俺は今こうして言いたいことが言える」みたいなことを言ってくれたらいいですね、救済。

炎司くんは確かにどうしようもない父親だけど、金銭面では子供たちに何不自由ない生活をさせて冷さんの入院費用(多分)も払い続けているのを見ると一概には責められないなとも思います。まともで幸せな家庭で育った人から見れば父親として子供や妻の面倒を見るのは当たり前って感じなんだろうけどそれをしない父親なんて現実にもごまんといるわけですよ、作中で描かれているもので例を挙げるとホークスの両親とかね。世間体のためと言われればそれまでかもしれないけど個性ガチャを医者に止められてたり焦凍くんが個性婚についてペラペラ話してたり家庭内の情報が割と外部にガバガバなところを見ると世間体もクソもなくない?って。本当に半冷半燃の子供だけを求めるなら燈矢くん冬美ちゃん夏くん焦凍くん以外にも異母兄弟が沢山いそうなのにいないし。焦凍くんだけを引き取って冬美ちゃんや夏くんを冷さんとその実家に押し付けることもできたのにそれをしなかった炎司くんは何だかんだ父親としての責任感があるのかなと思います。本当に救いようのないドクズは平気で妻も子供も捨てるからね。まあこの辺の感情は完全に私の捏造なので分かりませんが。

病室でしわしわのテディベアになってた炎司くんマジで最悪で可愛いなと思ったんですけどあれもまた成長ですよね。いつでも偉そうにふんぞり返ってた男が家族の前で弱みを見せられるようになったのは成長だと思います。成長の仕方が最悪のタイミングですが。子供たちからすると「てめ〜何今までの自分の行い棚に上げて勝手に悲しんどるんじゃこの野郎」って感じだろうけど。

 

以上が轟家に対するパッションが溢れ過ぎた私の戯言です。この後の蛇足も含めると一万字以上轟家について書いていました。怖。この前の地獄の轟くん家回もアニオリで更なる地獄がプラスされていたりして楽しかったです。(さっき31巻読んだけど火の不始末の描き下ろしもすごかった)

来たる轟焦凍:ライジングの後にまた色々書きたいな。それにしてもこの家の会話不足による火の不始末っぷりがすごくてなんかもう笑います。そんな轟家が大好きです。

 

 

ここから蛇足

私も地獄のような家で育ってきた人間ですが完全に燈矢くんタイプです。両親に対して許せないという気持ちを持ち続けることがしんどくなって諦めてしまったけど今でも、というか一生許そうと思うことはないと思います。早々に自分の好きなように生きようとした母と家族を捨てた父のことを親とは思わず血の繋がった"何か"として扱うことでどうにか生きています。

どうにかして両親に社会的制裁を加えたいなと思っていた時期、生きている間に自分が主役になって親戚一同を集められるのは結婚式だ!と思って新婦の手紙でダビダンスをしようと計画していました。ゴミのような家で育った結果結婚願望なんてまるでないし結婚して式さえ挙げてもらえれば相手のことなんてどうでもいいし私のダビダンスによって式が潰れてしまおうが両親が傷付けばそれで良かったので。まあそんなの冷静になって考えるとただの私の恥晒しでしかないので早々にその計画は消えましたが…過度な怒りは思考を馬鹿にしてしまうんだ…

私は父親だけが世界の全てではなかったのでこんなクソの為に自分の人生を棒に振るのはやめようと思って諦めがつきましたが燈矢くんは父親である炎司くんが世界の全てだったからこそ一生憎み続ける人生を選んだのだなと思います。関わり続ける覚悟がキマり過ぎてる。あそこまで善と悪の境がはっきりしている世界で簡単に人を殺せる能力を持っている人間だったら私も燈矢くんと同じ選択をしていたかもしれないのであまり非難できません。荼毘としてやっていることは完全な悪ですが両親を憎む気持ちには痛いぐらい共感できるので。あと燈矢くんには焦凍くんにも冬美ちゃんにも夏くんにもない"父親との幸せな記憶"があるのも地獄ですね。

燈矢くんは顔も体型も炎司くんには全く似てないんだからあんなクソ親父のことなんて忘れて好きに生きればよかったのにとも思うけどあの世界は容姿や性格の遺伝の他に"個性"という強い血の繋がりを感じさせるものがあるからな〜親と同じ個性って家族関係が悪いと酷いコンプレックスにもなってしまう。

 


ああこれを書いてると個性がなくて持たざる者だった出久が「君の力じゃないか」や「君はとても優しい人だから」と"焦凍くん個人"に対して声をかけていた理由が分かる気がする。無個性の出久にとっての家族の繋がりはそこじゃないんだなあ。遺伝でも何でも自分が持ってるものは全て自分のものであるという感覚なんだろうな出久は。いくら無個性だったからと言ってもその感覚や考え方は16歳の少年にしては達観し過ぎていると思うけれど。

好きなものが"出久"の引子さんと海外出張中で一度も作中に登場してない久さんを見る限り、緑谷家もあまり明るくはなさそうだなと思ってます。地獄の僕ん家とかいうタイトルが来たらどうしよう。そのうち緑谷家のお父さんも登場するらしいので楽しみです。更なる地獄へプルスウルトラ!

 

 

2021.8.4

雨が始まりの合図

f:id:lululunn:20210622230315j:image

6/22PM21:00、7orderメジャーデビュー曲「雨が始まりの合図」がYouTubeでプレミア公開されましたね。感情がメチャクチャになったので今思うことを書いていこうと思います。

 

当時Love-tuneだった7人はお仕事が決まっていたメンバーを残しつつ、ひとり、またひとりと事務所を退所して行きました。レギュラーとしてNHKらじらーのパーソナリティを 務めていた安井くんが退所するのを最後に2019年3月31日をもってLove-tuneというグループは活動終了。勇気100%を流しながら「ジャニーさんの作る世界が僕は大好きです」という安井くんの言葉が苦しくて悔しくてラジオを聞きながらずっと泣いていた記憶があります。そして同日安井くん以外の6人がTOKYO MX FESにサプライズ登場(萩ちゃんはビデオ通話で参加)してTwitterがザワついていた記憶も。このまま明日から安井くんも合流しないかな〜なんて思っていました。

その約一ヶ月後に6人体制の新番組イケダンの告知があり、7色のロゴにピンク色があったことで安井くんが合流する可能性が益々色濃くなります。2019年5月22日、7人揃ってのYouTube生配信にて7orderProjectが始動しました。安井くんおかえりなさい。事務所が変わっても再び7人で集まってくれたことが何より嬉しかったです。

そして2021年1月13日メジャーデビュー。7月7日デビュー1stシングル「雨が始まりの合図」発売。それが本日プレミア公開されたという話です。前置きが長くなりましたがここからが本題ですね。もうほん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとうに良かった。全部。良かった。MVも、こうやって7人揃ってデビューシングルが発売されることも。本当に良かった。安井くんの誕生日にメンバーからのプレゼントで送られたこの曲、美勇人くんの「7orderとは安井謙太郎」という言葉を思い出します。安井くんのために作られた曲が7orderのデビューシングルであるということに意味があったりするのかもしれないと思ったり。7orderとしての楽曲はこれまでにも沢山あるけれど、デビューシングルらしく退所してから今日までの彼らの道程がノンフィクションで映っていることに胸がギュッと締め付けられる。スタジオにひとりきりの安井くんの姿からストーリーが始まり、6人だけで集まって写真を撮っているシーンが2年前の3月を彷彿とさせ、れおれおが描いたロゴが出来上がって歩道橋の上で7人が落ち合い笑顔になるところは何度見ても涙が出ます。みんなきっとこうやって安井くんを待っていたんだろうなあ。本当に良かったなあ。何回だって言うけど7人でいることを選び続けてくれる7人が大好きで愛おしくて仕方がない。合流して活動拠点となるアトリエを作って歩き出して再スタートを叶えるところを見せてくれた7人のこれからの未来に幸多からんことをどうしても願ってしまう。いつかのインタビューで翔希くんが言っていた「夢を叶える秘訣は思い続けること、諦めないこと」を体現し続けてくれる彼らがずっと7人で笑っていてくれたら幸せだなとオタクは思います。そしてきっと現実はこのMVみたいにキラキラしたドラマチックなものではなかったと思うし彼らがここまで来られたのは軌跡でもなんでもなく、どんな逆境に立たされても諦めず7人が自分たちの力で掴み取って叶えた夢が現在私たちが見ている景色なんだろうなあ。幸せです。ありがとう。この先もどうか素敵な夢を沢山見せてくれますように。


武者修行ツアーたのしみ。

 

2021.6.22

連載完結記念ハイキュー!!展

f:id:lululunn:20210429035554j:plain

連載完結記念ハイキュー!!展福岡博多阪急会場に行ってきました(4/26)。入場者特典の描き下ろしクリアカードの音駒の日が4/26と5/3だったので今日にしたのですがグッズの売り切れが多過ぎて初日も行けばよかったな〜と後悔しています。北さんの米袋きんちゃくとおにぎり宮のおにぎりポーチって幻覚…?どの会場でも常に入荷待ちか売り切れの表示しか見たことないんですけど買えた人いるんですか…?昨日の22:00時点だと在庫があったアクリルminiフィギュアの東京も今日行ったら売り切れてて怒りの爆買いをかましてしまいました。他にも買おうと思ってたグッズが多々売り切れ表示(入荷待ちですらない)になっていたので事後通販よろしく頼むよと思って確認したら公式サイトの注意書きに「事後販売では一部取り扱われない商品が生じる場合があります」との記載があって泣きそうです。在庫捌くために最低購入数10個とかにしても全然構わないし沢山買うので馬鹿の数字でグッズ作ってほしい。

 

グッズは売り切れ悲しいエーンエンだったけど展示はめちゃくちゃ良かったです。ハイキュー展をひと言で表すなら"良"。会場限定描き下ろしは九州繋がりで狢坂高校の八くんと臼利くんでした(木兎くんもいた)。その隣に古舘先生直筆のメッセージ。かかと上げしながら3回読んだ。あんまり詳しく書いたらダメだと思うのでざっくりですが、烏野レギュラー陣の大きいプロフィールと名シーンの原稿から始まり、1巻から順を追って展示してあって振り返りながら見て行ける感じ。カラーの扉絵や今回のハイキュー展のために描き下ろされたイラストも間にちょこちょこ。大大大大大好きな黒尾鉄朗(24)の描き下ろしイラストの前で5分ぐらい突っ立って動けませんでした。かっこよし男過ぎて心臓に悪いので助けてください。カラーイラストはアナログ特有のあのインクが滲んだ感じがたまらなく好きです。伊達工戦の原稿が飾ってあるスペースは背景の壁のイラストが鉄壁になってたり、ザ・セッター対決やバケモンたちの宴、ゴミ捨て場の決戦のスペースも凝った作りになっていて、そういう演出のこだわりが沢山あるのがうひょ〜となりました。スペースを進んで行くに連れて初期の絵柄から今の絵柄に変わって行くのが見えるのも良かったです。陸VS空の展示スペースの優くんのビジュアルが最高だったのでみんな見てほしい…あのコマを採用した人は天才だと思います。白鳥沢戦で若利くんを止めたツッキーがガッツポーズしてる見開き2ページの原稿と、白鳥沢に勝った直後に大地くんと旭くんとスガさんが泣きながら抱き合ってるシーンの原稿で泣きそうになってしまった、というかちょっと泣きました。どの高校にもどの試合にも思い出があってそれを思い出すと心が沸き立つような気持ちにさせてくれる素晴らしい漫画がハイキューです。2年前ぐらいからジャンプを定期購読していて当時はまだハイキューも本誌で連載されていたのに既刊が多いしなぁと思って読まずに放ったらかしていたことを今更後悔しています。リアルタイムで追えてたらすごく楽しかったんだろうな、だって完結してからハマってもこんなに楽しんだもん…3月頭にアマプラでなんとなく1期を見たら爆速でのめり込んでとりあえず原作を全巻買ってアニメの進み具合と交互に漫画を読んで最終巻まで読んだあのときの「エッこの漫画45巻もあるのに面白くないところがひとつもない…」という衝撃。最初から最後までずっと面白いってすごい。ショーセツバン13巻までとガイドブック2冊、イラスト集2冊も買って毎日10時間ぐらいハイキューに費やした3月はめちゃくちゃ楽しかったです。公式Twitterに載ってる古舘先生のイラストを見ていたら全国巡回のハイキュー展が今まさに開催されていることを知り、その日のうちに福岡会場のチケットを申し込みました。リアルタイムで追えなかったのは悔しいけどハマるタイミングがあまりにも良過ぎて私は天才か?ハイキュー漬けの約2ヶ月から勢いのまま行った今日のハイキュー展が本当に楽しくてやっぱり自分は根っからのオタクなんだなと思います。これからも楽しく末永くハイキューのオタクをやっていきたいです。ゴミ捨て場の決戦をどうしても映像で見たいので少しでも5期の足しになればと思って円盤も買いました。話が逸れたのでハイキュー展のことに戻すと出口付近のスペースにジャンプラで期間限定公開されていた影山日向と金田一くん国見ちゃんがビーチバレーする漫画が展示されていました。国見ちゃん趣味でビーチ続けて仙人になってほしいなぁ。出口横の最後の展示は45巻のカバーイラスト。バレーを辞めても続けても、これからもみんなの人生は変わらず続いて行くんだろうなと思わせてくれるあのイラストが私は大好きです。

 

ハイキュー展の感想はこんな感じです。ゆっくり見て回って1時間ぐらいでした。グッズは事前にスクショ撮って個数と金額計算までしてたけどやっぱり現場に行ったら「うるせ〜知らね〜関係ねぇ〜全部買うぜ!ヘイヘイヘーイ!」になったので全く意味がなかったです。最終話の扉絵の複製原画と401話の複製原稿を注文して来たので届いたらまた大騒ぎすると思います。

2019年のサマステ以降(同年ドリボは記憶から抹消)現場に一度も行っていなくてオタクとしての人格が干からびて死にかけていたので久しぶりに現場(?)に行ってオタク活動をしたら楽し過ぎて脳内でヤバい物質がドバドバ出ました。今年はこの調子で沢山現場に行きたい。秋開催のハイキュー展の大阪会場も行けたらいいなと思っていたり…早くコロナと世の中が落ち着いて現場三昧で全国飛び回るような生活に戻りたいです。引きこもって配信見るのも楽しいけど現場こそがオタクの血湧き肉躍る最高のステージなので…

これは興味がない人には分からない感覚なのかもしれないけど、好きなアイドルや好きなキャラクターが本当に自分の生きがいになったりするものなんですよね。そういう人間にとって現場やグッズは無駄なものでも余計なものでもなく生きていく上での必要な養分みたいな。私は黒尾くんのことを好きになってから毎日楽しくて幸せです。ありがとう黒尾くん。

 

とりあえず明日は丸一日使って余韻に浸りながらハイキューを1巻から読み返そうと思います。おやすみなさい。

 

f:id:lululunn:20210429035709j:plain

橋本涼くんへ

f:id:lululunn:20210429041206j:plain

2020年10月30日、20歳のお誕生日おめでとう。

 

10代を全てジャニーズに捧げた涼くんが眩しくて愛おしいです。周りにいる普通の学生みたいに遊びたかった日も自由にしたかった日も、もしかしたら辞めたいと思った日もあったかもしれません。それでも毎年契約更新の書類にサインをしてくれていたことを考えると胸がいっぱいになります。

 

生まれて来てくれてありがとう。

ジャニーズに入って今日までずっと私から見えるところにいてくれてありがとう。

HiHiJetsでいてくれてありがとう。

沢山の夢と、私の生きる希望をくれてありがとう。

 

19歳の涼くんに会うことは叶わなかったけど、涼くんがアイドルとして生きていてくれる事実に何度も救われたよ。20歳の涼くんに沢山会えることを願っています。

 

きらきら輝く涼くんの未来がこれから先もずっと眩しいものでありますように。

お誕生日おめでとう。

大好きです。

 

#涼ちゃん20ちゃい

 

2020.10.30

 

 

Kis-My-Ft2 LIVE 2018 Yummy!!you&me

 

f:id:lululunn:20210429042406j:plain

Kis-My-Ft2 LIVE 2018 Yummy!!you&me 福岡ヤフオクドーム公演に行ってきました(5/20)。そこで爆イケのえるくんに骨抜きにされてヘロヘロになったので興奮状態のままこれを書き殴っています。詳細なレポとか真面目な感想は一切ありません。そんな事が聞きてえんじゃねえよ!という方はTwitterのレポでも見ててください。

 

 

「キスマイのバックにトラジャいるの!?行こ!」と軽率に思ったのが間違いでした。おかげで死にかけています。というかほぼ死んでます。新幹線の座席にもたれかかってデロデロに溶けてる。Tell me whyから始まる激ヤバライブ(極度のテミワイ厨)だということはTwitterで見て知ってたんだけど、ここまで深くトラジャ沼に突き落とされるとは思ってなかった。(テミワイのバックにはトラジャいないよ!)元々しーくん目当てで入ったのにのえるくんに即落ち二コマした。意味が分からない。ハハハ!

具体的にどこでどう落ちたのか分からないけどI Scream Nightで登場してから最後まで最高だった。途中から双眼鏡無しでも本能だけで「あ、あれのえるくんだ」って分かるようになった。怖い。最高だった以外の語彙を奪われてしまったので最高だったしか言えないんですけど最高でしたね。ライブ自体もめちゃくちゃ良かったです。超楽しかった。藤北のREAL MEのパフォーマンス中に自分でもびっくりするぐらい腹から声出た。悲鳴じゃなくてもはや絶叫。ああそうこれこれこれこれ!!!ヒャッハー!!!みたいな感じ。やべえシンメを見ると正気を失ってしまいますよね。みんなしないのかな。私の中で藤北は昔からやべえシンメなので興奮しました。声出し過ぎて前にいた人に振り向かれたけどもうあんなの叫ぶしかないじゃん。あれ見て興奮しないオタクいないと思う。二人とも白と黒の衣装で登場して歌って、白と黒のペンキをお互いの身体に塗り合って最終的に肌についた白と黒が混ざり合ったところで興奮が最高潮に達しました。メインステージにいたみっくんとバックステージにいた藤ヶ谷くんがセンステまでじりじりと歩み寄る演出も良かったです。センステで何が起こってしまうんだとドキドキしていたら指絡めて後ろから抱き締めて"you are my darling"ってお互いを指差し合うもんだから悲鳴でドーム揺れた。

そして藤ヶ谷くんのソロは来るぞ来るぞ来るぞキター!!!ってブチ上がるのが楽しくてたまらん。「こういうのが好きなんでしょ?」って言われてる感じ。そうです!大好き!xxx

黒いレースの目隠しに細いリボンがついたテロテロの白いブラウス~!そうそうこれこれ~!藤ヶ谷ワールド~!30歳になっても変わらずこの路線でソロパフォーマンスしてくれるの、感謝しかない。テディベアとリボンとレースが世界一似合うアイドル藤ヶ谷太輔。今回のToxxxicは上品なストリップショーの様な演出でした。最初に髪と顎掴まれて謎の薬を飲まされる中村海人(雄)もやべえけどその後バックで踊ってるしめちゃんもやべえからみんな見て。頼むから見て。大事な前髪振り乱して踊るしめちゃんにヴッッッッッッてなった。藤ヶ谷ワールド恒例の腰振りも勿論あったよ!しめちゃんエッッッッチ!この時点で即落ち二コマしていたのでのえるくんのことは直視できませんでした。でもこっそり見ました。ドスケベバンバンカーニバルでした。早く円盤ください。藤ヶ谷太輔ありがとう感謝永遠に。みっくんのソロは傘持って青いレインコート(?)着て出てきた時に「幼児だ!幼児がいる!」と思って爆笑したんですけど、バーのカウンターを模したセットにもたれて首を傾げるのえるくんが最高だったのでありがとう以外の言葉が見つからない。ソファに座って踊るしめのえに大興奮した。幼児って言ってごめんなさい。北山宏光ありがとう感謝永遠に。

 

 

テミワイ以外の情報無しで入ったのでMCでしめちゃんが二階堂くんのことを「にぃに」って呼んだ時に目ん玉が飛び出るほど驚きました。しめちゃんがいくら可愛くて可憐で天使だからって成人男性が成人男性に自分のことを"にぃに"って呼ばせるのはちょっとヤバくない?と思ったんですけど終演後に調べたら去年キスマイとトラジャが共演したミュージックコロシアムでトラジャ全員がそう呼ぶ様になったそうです。理由を知ってもなかなかヤバいなと思ったけど特に誰も突っ込んでなかったので私も何も言いません。千賀くんはねぇねって呼ばれてたよ!にぃにとねぇね!なんだこのグループ!二階堂くんのサングラスを「プラダを着た悪魔」で例えた藤ヶ谷くん、あ~!ギャル!

MCのメモも取ってなくて曖昧なのでこれもTwitter見てください。誰も読んでないとは思うけどこんなブログ読んでないでそっち見た方がずっと有意義です。私も見ます。セクボの時で記憶が止まってるから松松が大きくなってて感動した。のえるくんの後に煽られてバク転キメてた松倉くん見てまた感動した。

LookLookの曲紹介でお喋りするのえるくん尊い~!あ~!この世に舞い降りたスーパーエンジェルのえるくん。踊ってる時死ぬほど格好良いのにお喋りしたら可愛いの最高じゃないですか?最高だと思います。「お願いがあるんですけどぉ」で死んでペンラ吹っ飛ぶぐらい腕回した。腕もげるぐらい回した。可愛過ぎて明日の筋肉痛なんて気にしてる場合じゃなかった。お願いされなくても自主的にぶん回したい。あんなに可愛くお喋りしてたのに曲が始まって歌って踊るのえるくんは爆イケで頭が混乱してもう一回死んだ。この辺から完全にのえるくんロックオン状態になってこの後の他のメンバーを全然見れていないのでとにかく早く円盤が欲しいです。それとやっぱりその場で全員見たいので人数分の眼球もください。しめちゃん上着はだけててかわいいよお!死

ところで赤い果実の時にトラジャに軍服着せたの誰ですか?ここで完落ちしました。ロング丈の軍服に軍帽かぶってるの最高過ぎてこの衣装を着せた人に5000万円手渡したいです。軍服翻しながら踊るのえるくん後85856826853回は見たい。円盤出たらディスク擦り切れるまで見るんだあ。へへへ。ペンラ振るたびにカチカチいっててなんやこれ!と思って下向いていじくってたら映像始まってて泣いた。最初から見たいよう。ウッウッ早く円盤くれ3回目)脱いだ後の衣装も尻と太腿がよく見えてサイコー。

 

アンコールでツアーT着てるトラジャが可愛過ぎて帰りにTシャツを買ってしまいました。買うつもりなかったのに終わってから結局買ってしまうことが多々あるのでステージで可愛い子達にツアーT着せるのは大正解ですね。どうせ毎回欲しくなるから最初から買えばいいのにとは思うんだけどね。しめちゃんのファンサマシーンっぷりがすごかった。ぴょこぴょこしながら投げキスしてるのを見て「あ〜これで落ちない人間いねえわ」と思った。バチクソキュート。全人類がしめちゃんの前にひれ伏せてしまう可愛さ。会場で一番可愛かったのは間違いなくしめちゃん。遠くからだけどのえるくんの生ロイヤルお手振りと貴族の様な美しいお辞儀も見れたので我が人生に悔い無し。

 

 

そんなこんなで正気を失いながらも楽しい時間を過ごしました。川島如恵留マジ爆イケエンジェル。のえるくんに骨抜きにされて終演後一時間ぐらいドームの周りを彷徨っていたのは私です。予想外のところで沼ドボンしてこんなにヘロヘロになるとは思ってなかったけどキスマイのライブめっちゃ楽しいのでまた来年も行きたい。

 

本当にしょうもないんですけど、帰りの新幹線の中でのえるくんの好きなタイプを調べるなどしました。のえるくん死角なしの愛激重スパダリ過ぎてしんどいです。結婚してください。